ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 鹿嶋市教育委員会 > 教育長室

本文

教育長室

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003446 更新日:2021年8月31日更新

 さて、今年は、延期となった2020東京オリンピック・パラリンピックが今年開催されます。鹿嶋市では、男子・女子サッカー競技が開催される予定で、鹿嶋市内の県立、私立を含む小中学校に在籍するすべての児童生徒が学校単位で直接観戦する機会を提供する予定です。オリンピックの熱気や興奮、感動を直接体験してもらい、一人ひとりにとってかけがえのないレガシーとなることを期待しております。

 学校教育に関しましては、小学校の新学習指導要領が令和2年度から全面実施され、「英語教育」と「情報活用能力の育成」が追加されました。英語教育につきましては、小学校中学年に「英語活動」が加わり、高学年は英語が教科化されましたが、本市は幼少期から英語に慣れ親しむ環境を整備しており、また、平成30年度から小学校へ英語科目を取り入れ、英語力の向上を図っているところです。
 オリンピック開催時には多くの外国人観光客が来ることが予想されますので、子どもたちには是非、学んだ英語を生かす場として積極的にコミュニケーションを図ってもらいたいと思います。

 情報活用能力の育成においては、児童生徒一人ひとりが積極的にIctを活用して主体的に学習できるよう、ひとり1台のノートパソコンの配置、普通教室への電子黒板の設置、そして、学校内無線LAN環境の整備を行っているところです。
 このノートパソコンは、単に学校での授業だけでなく、家庭での個人学習にも活用でき、さらには、すべての科目において、主体的・対話的な授業や教育活動が広がるものと確信しております。

 教育施設の整備に関しましては、引き続き、中学校の特別教室へのエアコンの設置を行い、学習環境の整備をしてまいります。また、計画的に取り組んでいる大規模改修工事については、今年は中野東小学校を予定しております。

 幼児教育に関しましては、待機児童対策のため、4月に民間保育園が開園する予定です。今年も、多様な保育ニーズに対応できるよう、様々なサービスを行います。また、幼児教育から小学校へスムーズにつなげることができるよう、アプローチスタートカリキュラムを進めます。

 社会教育に関しましては、40年以上親しまれた「文化財愛護かるた」を基に「鹿嶋市郷土かるた」が作成されました。鹿嶋市郷土かるたは、45枚の札で、古代から近・現代にわたる鹿嶋市の歴史や文化が盛り込まれており、色鮮やかなかるたとなっています。ぜひご家庭でも遊びながら歴史や文化財への認識や関心を深めて欲しいと思います。

 また、鹿嶋市立中央図書館では、県内でも数少ない電子図書館を開設しております。電子図書館は実際に図書館に来館することなく利用することができますので、今般のコロナ禍において外出に不安のある方々は、ぜひ電子図書館をご利用していただきたいと思います。

 最後に、今後も未来を担う人材となる鹿嶋っ子の育成を目指して、教育環境を整えるとともに、市民の皆さまのご理解・ご協力を賜りながら、更なる教育行政の発展に努めてまいります。

                              鹿嶋市教育委員会 教育長 川村 等

 

                教育長

 

 

 

 

 

教育長コメント


避難所混雑状況