ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災 > 災害情報 > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 教育長コメント(市内児童の感染について)(4月28日)

本文

教育長コメント(市内児童の感染について)(4月28日)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0053102 更新日:2021年4月28日更新

市内児童の感染について

 先週に続き本日、市内の公立学校で2名の児童の新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 感染者が発生した学校については、潮来保健所の調査の結果、学校内に濃厚接触者及び接触者に該当する者はありませんでした。これにより学校教育活動への影響はなく、臨時休校の必要がないとの潮来保健所の指導に基づき、通常登校を継続します。

 本市の最近の新型コロナウイルス感染者の状況を見ますと、10代から40代の若い世代の感染者が増加傾向にあります。学校においては、引き続き児童・生徒の感染対策を徹底してまいります。

 新型コロナウイルス感染症は誰にでも感染する恐れがあります。誤った情報により、感染者の非難や特定するような行為、心ない誹謗中傷等をむやみに拡散させるようなことがあってはなりません。互いを思いやる気持ちを持ち、支え合って生活することが大切です。感染された方やそのご家族が治療に専念し、学校に安心して登校できるよう、保護者の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

 そして、保護者の皆さんには、引き続き登校前の検温や健康観察の徹底、併せて同居のご家族にも発熱等の症状がみられる場合には、お子様の登校自粛のご協力をお願いいたします。

 最後に、大型連休中は、県を越えての移動を控えるとともに、ご家庭におきましても、引き続き「マスク着用」「3密の回避」「手洗い・消毒」など、基本的な感染対策をお願いいたします。

 

令和3年4月28日

                      鹿嶋市教育委員会教育長 川村 等


避難所混雑状況