ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウイルス感染症とは

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0012459 更新日:2020年4月1日更新

新型コロナウイルス感染症とは

 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は、1日~12.5日(多くは5日~6日)と言われています。 新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染によりうつると言われています。

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえたあと、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着します。他の人がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。
主な感染場所:ドアノブ、スイッチ、電車やバスのつり革 など

重症化すると肺炎になり、死亡例も確認されているので注意しましょう。特に、高齢者や持病がある方は重症化しやすい可能性が考えられます。  

(参考) 厚生労働省ホームページ
「新型コロナウイルスに関するQ&A」<外部リンク><外部リンク>

 日常生活で気をつけること

手洗いや咳エチケットを心がけましょう

 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。引き続き、感染症対策に努めていただくようお願いいたします。  

  • まずは、手洗いが大切です。こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 日ごろからバランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動を心がけ、免疫力を高めましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳エチケットを行ってください。
  • 高齢者や持病がある方は、できるだけ人混みを避けるなど、より一層注意してください。
 

感染症対策

感染症対策

手洗い

手洗い

咳エチケット

咳エチケット

出典:厚生労働省ホームページ

「3密」を避けましょう

「3密」とは、集団感染の発生しやすい「密閉」「密集」「密接」の3つの状況を指します。
このような状況を避けることで、感染の可能性を減らすことができます。

  • 密閉された公共の屋内空間に長くとどまることを避けたり、こまめに部屋の換気をしましょう。
  • 人が密集する施設の利用やイベントへの参加はなるべく控えましょう。
  • 密接した距離での会話は控えたり、マスクの着用によりウイルスの飛散を防止しましょう。

三密
「三密」を避けましょう 

出典:厚生労働省ホームページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


生活費・事業費の支援

 家ですごそう<外部リンク>