ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康 > 感染症・特定疾患 > (1,2回目接種(12歳以上))新型コロナウイルス感染症のワクチン接種関連情報

(1,2回目接種(12歳以上))新型コロナウイルス感染症のワクチン接種関連情報


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0051973 更新日:2022年11月10日更新

【お願い】
予防接種を希望される方で、現在、何らかの病気で治療中の方は、あらかじめ、主治医(かかりつけ医)に「予防接種を受けてよいか」確認しておいてください。

※ワクチンについての詳細は、厚生労働省のホームページ<外部リンク>をご確認ください。

オミクロン株対応ワクチン接種について(別ページ)

小児接種(5歳から11歳)について(別ページ)

​※乳幼児接種(生後6か月から4歳)について(別ページ)

 


 

【目次】(クリックで該当箇所に飛びます)

  1. 新着情報 
  2. ワクチン接種について
  3. 電相談窓口について

【鹿嶋市web予約システム】※本ページで接種順位等を確認のうえ予約してください。

web予約システムバナー<外部リンク>

新着情報

アイコン_new予約枠の追加について(1回目接種(12歳以上))​​

12月接種の予約枠について、11月14日(月曜日)8時30分より受付を開始します。

今回の受付で初回接種の受付は終了となりますので、接種を希望する方は、早めのご予約をお願いします。

接種会場:春日クリニック、我妻医院

接種日:12月1日(木曜日)

※接種時間については、予約受付開始後に、上記の鹿嶋市web予約システムよりご確認ください。

1,2回目接種(12歳以上)の受付終了について

鹿嶋市における12歳以上の方の1,2回目接種について、使用するワクチンの国からの供給が令和4年12月で終了となることを受け、令和4年12月をもって接種を終了する予定です。

接種を希望する方は、期間内の接種をご検討ください。

初回(1・2回目)接種がまだお済みでない方へ(年内の初回接種完了をご検討ください)(2022年10月版) [PDFファイル/503KB]

 

ワクチン接種について

対象者

初回接種の対象者は生後6か月以上の方となります。

※本ページでは12歳以上の方の接種についてご案内しています。乳幼児接種(生後6か月から4歳)小児接種(5歳から11歳)については別ページをご覧ください。

12歳から15歳の方の接種について

12歳から15歳の方とその保護者の方へ新型コロナワクチン接種の際の注意点などについてお知らせします。

接種が可能な方

接種の対象は、接種当日に12歳以上の方です。

※12歳の誕生日を迎えた方には、随時接種券を郵送します。

新型コロナワクチンの説明書について

12歳から15歳の方の接種を希望の方は、下記説明書をご確認ください。

 〇ファイザー社製ワクチン

  12~15歳のお子様の保護者の方へ 新型コロナワクチンの説明書(ファイザー社製ワクチン) [PDFファイル/893KB]

 〇モデルナ社製ワクチン

  12~15歳のお子様の保護者の方へ 新型コロナワクチンの説明書(モデルナ社製ワクチン) [PDFファイル/894KB]

保護者の同伴・予診票の署名について

原則、接種会場への保護者の同伴が必要です。

また予診票への自署欄には、保護者の方の署名が必要です。署名がない場合は、接種は受けられません。

当日の持ち物について

  1. 接種券
  2. 本人確認書類(健康保険証など)
  3. 予診票(事前にご自宅で記入してください)
  4. 母子健康手帳(中学生以下の方)

ワクチン接種や副反応等で学校を欠席する場合の取扱いについて

ワクチン接種や接種後の発熱等により学校を欠席する場合は、「欠席」ではなく「出席停止」扱いになります

妊娠中の方へ

妊娠中の方も妊娠の時期を問わず、希望する方はワクチン接種をすることができます。ワクチン接種を希望する方は、事前に産婦人科の主治医に予防接種を受けてよいかご相談の上、ご予約をお取りください。

里帰り出産などで他の市町村から鹿嶋市に帰省している方は、事前に住所地外接種届の提出が必要です。

妊娠中の皆さまへ 新型コロナウイルス感染症とワクチン

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症(Covid-19)対策~妊婦の方々へ~<外部リンク>

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A「私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。」<外部リンク>

接種回数/ワクチンの種類と接種できる場所

1人2回接種を受ける必要があります。

  • 接種間隔はワクチンの種類により異なります。
  • 1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種してください。
【ワクチンの種類と接種間隔】
ワクチンの種類(製薬会社名) 接種間隔 接種できる場所
ファイザー社 標準的には20日の間隔をおいて2回接種
※間隔が20日を超えた場合は、できるだけ早くに2回目の接種を実施
モデルナ社 標準的には27日の間隔をおいて2回接種
※間隔が27日を超えた場合は、できるだけ早くに2回目の接種を実施

「20日の間隔をおいて2回接種」の場合は、3週間後の同じ曜日から接種が可能です。

「27日の間隔をおいて2回接種」の場合は、4週間後の同じ曜日から接種が可能です。

アイコン_リンクワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省HP)<外部リンク>

 

接種費用

無料

 

接種を受けられる場所

原則として、住民票所在地(住所地)の市区町村の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。鹿嶋市では、以下の接種会場で受けることができます。(接種には予約が必要です。)

医療機関での個別接種

市内で接種を受けることができる医療機関一覧は、アイコン_リンク実施医療機関一覧からご覧ください。

公共施設等での集団接種

接種会場:ショッピングセンターチェリオ(宮中290-1)

接種日:11月26日(土曜日)~11月28日(月曜日)

鹿島セントラルホテルでの茨城県大規模接種

※現在予約は受け付けていません。

住民票所在地(住所地)の市町村以外で接種する場合

やむを得ない事情等により、住所地以外で接種を希望する方は、原則として接種を行う医療機関が所在する市町村へ事前申請が必要です。

【やむを得ない事情等により住所地以外で接種を受けられる方の例】
市町村への申請が必要な方 市町村へ申請が不要な方
  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地で下宿している学生
  • 単身赴任者 等

アイコン_リンク申請方法を確認する

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 災害により被害にあった者
  • 拘留または留置されているもの、受刑者 等

接種方法等については、接種を希望する医療機関、施設等にお問い合わせください。

住所地外接種届の申請方法について
1.窓口での申請

鹿嶋市保健センター

【受付時間】8時30分から17時15分(土・日・祝日を除く)

(申請書類)

申請内容を確認し、窓口で「住所地外接種届出済証」を交付します。

2.郵送での申請

送付先:〒314-8655 鹿嶋市大字平井1187番地1 新型コロナウイルスワクチン接種対策プロジェクト・チーム

(申請書類)

申請内容を確認し、郵送で「住所地外接種届出済証」を交付します。

接種を受けるための流れ【要予約】

以下の流れに沿って予約をしてから接種を受けてください。

1 接種券が届く

  • 65歳以上の方:令和3年4月19日(月曜日)に接種券を発送しました。
  • 16歳~64歳の方:令和3年7月5日(月曜日)に接種券を郵送しました。
  • 12歳~15歳の方:令和3年8月2日(月曜日)に接種券を郵送しました。

 ※12歳の方については、誕生日を迎える時期に接種券を順次郵送します。

2 予約する

2-1 希望する接種場所を選ぶ

下記から接種場所を選んでください。

アイコン_リンク実施医療機関の一覧

 集団接種会場

 茨城県大規模接種会場※現在予約受付はしておりません。

2-2 予約申込方法
  • 鹿嶋市コールセンターまたはweb予約を利用する
  1. コールセンターで予約 

   鹿嶋市コロナワクチンコールセンター

  【電話番号】0570-056-068 【受付時間】8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く)
   ※通話料はお客様のご負担となります。

   2.web予約システムで予約

下記画像をタップ(クリック)すると予約システムが表示されます。
新型コロナワクチン接種予約システム<外部リンク>

 

3 実施医療機関一覧(初回接種)

鹿嶋市内で接種できる医療機関一覧
医療機関 対象者
春日クリニック 平井1128-51 12歳以上
我妻医院 鉢形台3-3-1 12歳以上

※接種可能な医療機関は変更される場合があります。予約時にご確認ください。

4 接種の受け方

  1. 接種日までに予診票に必要事項を記入する(予診票は接種券と一緒に送付しています)。
     
  2. 予約日に接種に行く。
    • 肩を出しやすい服装でお越しください(接種位置は腕の上部です)。
    • 感染症対策のため、マスクを着用してください。
    • 体調が悪い場合は、予約している医療機関等にご連絡ください。
    • 接種後に15分~30分の健康観察時間があります。
       
  3. 2回目の接種に行く。
    1回目を接種した日の3週間後の同じ時間・同じ曜日が予約日になります。接種場所も同じです。
当日にお持ちいただくもの
  1. 接種券
  2. 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  3. 予診票(事前にご自宅で記入してください)
  4. お薬手帳など、飲んでいる薬がわかるもの

5 お願い

予防接種を希望される方で、現在、何らかの病気で治療中の方は、あらかじめ、主治医(かかりつけ医)に「予防接種を受けてよいか」確認しておいてください。

 

接種を受ける際の同意の取得

新型コロナウイルスのワクチン接種は、市民の皆さまに受けていただくようにお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく接種が行われることはありません。

※未成年の場合は、保護者の同意が必要です。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省HP)<外部リンク>をご確認ください。

新型コロナワクチン接種証明書について

    新型コロナワクチン接種証明書(紙)またはアプリについて

10代および20代の男性で武田/モデルナ社のワクチンを接種予定の方について

令和3年10月15日に開催された第70回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、10代および20代の男性については、新型コロナウイルスに感染した場合に合併して発症する心筋炎等の発生頻度よりは低いものの、ファイザー社のワクチンに比べてモデルナ社のワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生頻度が高いことから、十分な情報提供の上、ファイザー社のワクチンの接種も選択することができるとの見解が示されました。

ワクチンに関する誤った情報にご注意ください!

新型コロナウイルスのワクチン接種が進む一方、ワクチンに関する誤った情報がSNS等で拡散され、ワクチン接種への不安をあおるような情報も見受けられます。

このような誤った情報だけで判断するのではなく、厚生労働省などの正しい情報源からワクチンに関する正しい情報をご確認いただいたうえで、接種をされるかどうかの積極的な検討をお願いします。

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A「これは本当ですか?」<外部リンク>

関連リンク

電話相談窓口(コールセンター)について

ワクチン接種に係る一般的な問い合わせ・予約受付

鹿嶋市コロナワクチンコールセンター(一般的な問い合わせ・予約受付)

ワクチン接種に係る一般的な問い合わせのほか、集団接種や一部医療機関の接種の予約に対応します。

電話番号:0570-056-068(平日8時30分~17時15分)
※通話料はお客様のご負担となります。

鹿嶋市新型コロナウイルスワクチン接種対策プロジェクト・チーム(一般的な問い合わせ)

ワクチン接種に係る一般的な問い合わせに対応します。

電話番号0299-77-5721(平日8時30分~17時15分)​
※通話料等はお客様のご負担となります。

Fax:0299-77-5723
※通信料はお客様のご負担となります。

メール:kenkou3@city.ibaraki-kashima.lg.jp
※通信料はお客様のご負担となります。

ワクチン接種の効果や副反応に関する問い合わせ

茨城県新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:029-301-5394(毎日24時間)​
※通話料はお客様のご負担となります。

コロナワクチン全般に関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770(毎日9時~21時)​​(フリーダイヤル)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


避難所混雑状況