ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総合窓口課 > 外国人住民の皆さんへお知らせ

外国人住民の皆さんへお知らせ


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002796 更新日:2019年11月13日更新

外国人住民の皆さんへお知らせ

平成24年7月9日から、外国人住民の方の手続きが変わりました。

 外国人住民も日本人住民と同じく住民基本台帳法が適用され、住民票が作成されるようになります。
 なお、外国人登録証明書は、廃止となりますので、「在留カード」または、「特別永住者証明書」に切替えてください。

どんなふうに変わるの?このように変わります

  • 日本人と外国人の住民票が世帯ごとに編成され、混合世帯の住民票謄本の発行が可能になります。
  • 他市町村からの転入または、他市町村への転出は、日本人と同じく「転出証明書」が必要になります。
  • 入国管理局で在留資格・在留期間の更新後、市役所への届出がなくなります。

住民票作成対象者

 次に掲げる方で、短期滞在を除く、適法に3カ月を超えて在留し住所を有する外国人の方

  1. 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  2. 特別永住者
  3. 一時庇護許可者または仮滞在許可者
  4. 出生による経過滞在者または、国籍喪失による経過滞在者

平成25年7月8日から、住民基本台帳ネットワークシステムの運用が適用になりました。

 具体的には下記のとおりです。

(1)住民票コード及びマイナンバーを付番します。

  ※マイナンバーの記載された通知カードについては後日送付されます。

(2)マイナンバーカードが作れます。

  公的身分証明書となり、本人確認書類になり便利です。

(3)全国どこからでも、住民票の広域交付が可能になります。

 ※(1)の通知の「氏名の読み方」が違っているときは、ご連絡ください。

 

関係書類
通称記載申出書
通称削除申出書

リンク

外国籍の方のお届けについて
特別永住者の方の届出・申請について
法務省入国管理局ホームページ<外部リンク>
総務省ホームページ<外部リンク>
特別永住者の制度が変わります!(法務省入国管理局ホームページ)<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)