ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 申請・手続き > 相続等によって農地の権利を取得した場合の届出(農地法第3条)

本文

相続等によって農地の権利を取得した場合の届出(農地法第3条)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0006572 更新日:2020年1月9日更新

相続の届出(農地法第3条)

平成21年12月15日(改正農地法の施行日)以降、相続等で農地の権利を取得した場合、農業委員会に相続の届出が必要になりました。
これは、相続された農地が利用されず、耕作放棄地になることを防ぐことが目的です。

届出が必要な場合

農地法の許可を必要とせず、農地の権利を取得した場合
・相続(遺産分割・包括遺贈・相続人に対する特定遺贈を含む)
・法人の合併・分割
・登記名義人の回復
など

届出の期間

権利を取得したことを知った日から10か月以内

届出方法

相続した農地のある農業委員会へ届出書を1部提出してください。

届出書の様式は、以下よりダウンロードできます。
・農地法第3条の3第1項の規定による届出書( [PDF/120KB]  [Word/49KB]

<注意事項>
※この届出は、農業委員会が農地の権利移動を把握するためのものです。権利取得の効力を発生させるものではありません。
※この届出は、所有権移転登記に代わるものではありません。登記は別途必要です。
※相続をしないまま長い年月が経つと、関係者が増え権利関係が複雑になることがあります。できる限り早めにしましょう。

 

茨城県農地中間管理機構では、農地を貸したい・借りたいでお困りの方の相談を受け付けております


茨城県農地中間管理機構ホームページ
http://www.ibanourin.or.jp/kanri/<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)