ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 申請・手続き > 事業所や店舗などから発生するごみの出し方

本文

事業所や店舗などから発生するごみの出し方

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002579 更新日:2020年4月1日更新

事業所や店舗から発生したごみの処理

 事業所や店舗などから発生したごみ(事業系ごみと呼んでいます)と家庭から出されるごみ(家庭系ごみと呼んでいます)では、ごみの出し方が違います。ここでは、事業所や店舗などから発生したごみについて、施設で受入れられる物の出し方について説明します。

○家庭から出たごみと同じ要領で分別した後施設へ自ら持ち込むか、鹿嶋市の許可を受けた一般廃棄物収集運搬業者に依頼するかのどちらかを選んでください。

○袋は必ず事業用の鹿嶋市指定袋を使用してください。

○産業廃棄物は市で処理できません。適切な処理をお願いいたします。

<ごみ処理手数料>

●自己搬入する場合

可燃ごみ

持ち込み先:広域鹿嶋RDFセンター

0kgから10kgまで190円(税別)

10kgから20kgまで380円(税別)

20kgから10kg増すごとに190円(税別)を加算

不燃ごみ

持ち込み先:鹿嶋市立衛生センター

10kgにつき230円(粗大ごみも同じです)

一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼する場合

鹿嶋市から許可を受けた業者へ直接お問合せください。

業者の一覧を下記リンク先に示しますので参考としてください。

一般廃棄物処理業の許可業者について