ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 分類でさがす > 歴史・文化 > 歴史・文化 > 歴史 > 鹿嶋デジタル博物館 > 八、 太田村の口碑(こうひ)

本文

八、 太田村の口碑(こうひ)

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050251 更新日:2021年3月29日更新

ここでは、鹿島の人々に言い伝えられていたという「砂丘で亡くなった盲目の人」の話が綴られています。

読み下し文

(1)鹿島の人の口碑に残る、盲人焦死の事は、何年以前の事にや。

不詳ども、(2)此砂漠は一里に近く、東は大洋、西は入江。波逆江。

南北長く、樹木更に無く渺々(びょうびょう)たる砂丘なり。土俗は砂山と云う。

炎暑の節には、往来に煩わむこと甚し。

然るに(3)昔時或夏、土地を知らざる盲人一名、この砂漠に行きかゝり、方位を失ひ、

此方彼方と行迷ひ、終日難渋せしが、かくる大暑故、往来の人無かりしにや。

焦砂(しょうさ)着き、ために両足を痛め、之に加え、暑気あたりにてもありしが、

ついに、行倒れ死せしと云ふ。

僅可一里に、半里の砂漠ながら、おそるべき事也。

解説

太田村は現在の神栖市太田にあたります。太田地区の隣接地に「砂山」という地名が残っていますが、そこがこの話に出てくる「砂山」です。現在は、整地され工場地帯等になってしまっていますが、かつて(鹿島開発以前)は砂が堆積した小高い砂丘がありました。

(1)意訳

鹿島の人々の言い伝えられている「盲人の焼死の話」は、一体何年前のことなのだろう。

(2)では、砂山の詳細が記されています。

意訳

この砂漠は、一里近くあり、東は太平洋・西は波逆浦に囲まれている。南北に長く、樹木は無く、びょうびょうたる砂丘である。地元の人は「砂山」と呼んでおり、猛暑の夏には、往来するのに非常に煩わしい。

(3)意訳

昔ある夏の日、土地勘のない一人の盲人が、この砂漠に行きかかり、方角を見失ってしまった。猛暑だったため他に往来する人も無く、焼けた砂が着いて両足を痛め、加えて暑気あたりを起こして、終日難渋し、ついにそこで行き倒れて亡くなってしまったという。わずか一里に半里の砂漠ながら恐ろしいことだ。

『波崎町の歴史』

避難所混雑状況