ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健センター > 高齢者肺炎球菌予防接種をご活用ください

高齢者肺炎球菌予防接種をご活用ください


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0011924 更新日:2020年4月1日更新

 肺炎は、日本人の死因の第3位であり、亡くなる方の多くが65歳以上です。

 肺炎を引き起こす病原体は、細菌やウイルスなどさまざまですが、日常生活の中で肺炎を起こす原因として最も多いのが「肺炎球菌」という細菌です。
 肺炎球菌は、鼻やのどなどの上気道に存在する身近な細菌のひとつで、健康な状態では、免疫機能が働くため感染を引き起こすことはありません。しかし、高齢者や糖尿病、心疾患、呼吸器疾患などの慢性疾患を持つ方などは、体調を崩し免疫が低下すると、肺炎球菌の増殖により肺炎を起こすことがあります。

 肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐ効果があり、平成26年10月1日から定期予防接種(B類)に定められました。

 定期接種に該当する年齢で、接種を希望される方は、この機会をご活用ください。

【あらかじめご確認ください】

  • 肺炎球菌予防接種は、すべての肺炎を予防するものではありません。
  • 過去に1度でも(全額自費で接種した方も含む)、肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方は、定期接種として接種することはできません。

 

対象者

 接種日当日に鹿嶋市に住民登録があり、今までに、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP[23価肺炎球菌ワクチン]を接種したことがない方で、以下の(1)または(2)に該当するかた

  1. 令和2年度中に、年齢が65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
【令和2年度対象者】
年齢  生年月日
65歳 昭和30年4月2日生まれ~昭和31年4月1日生まれ
70歳 昭和25年4月2日生まれ~昭和26年4月1日生まれ
75歳 昭和20年4月2日生まれ~昭和21年4月1日生まれ
80歳 昭和15年4月2日生まれ~昭和16年4月1日生まれ
85歳 昭和10年4月2日生まれ~昭和11年4月1日生まれ
90歳 昭和5年4月2日生まれ~昭和6年4月1日生まれ
95歳 大正14年4月2日生まれ~大正15年4月1日生まれ
100歳 大正9年4月2日生まれ~大正10年4月1日生まれ

※対象者へは、4月中旬に予診票を送付します。

  1. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいや、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある方

接種期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

 

助成金額

3,000円(1回のみ)

※ 接種費用の不足分は自己負担となります。
※ 接種費用は医療機関によって異なりますので、事前にご確認ください。
※ 生活保護受給者は、接種費用の全額公費負担となりますので、事前に保健センターへ「個人負担免除券」を取りに来てください。

 

接種方法

 契約医療機関(茨城県内定期予防接種広域事業参加医療機関)にて事前にご予約のうえ、接種してください。

 契約外の医療機関で接種を希望される場合は、接種時に必要な書類がありますので、お手数ですが、事前に保健センターへお越しください(身分証明書をお持ちください)。

【市内契約医療機関】
医療機関名 電話番号
あいクリニック 69-0777
出津医院 69-0028
大野診療所 69-4724
鹿島病院 82-1271
鹿島神宮前病院 82-7911
春日クリニック 82-1854
小山記念病院健康管理センター 85-1139
さくらクリニック 90-7722
佐竹内科医院 69-7766
島医院 83-4011
島崎クリニック 82-0191
とみかみクリニック 84-1192
前田病院 83-1122
まつおかクリニック 82-1500
松倉中央クリニック 90-9222
三笠小児クリニック 83-3555
我妻医院 84-5277

※上記以外の契約医療機関につきましては、保健センターまでお問い合わせください。

接種時の持ち物

  • 予診票
    対象者(1.)の方へは4月中旬に発送予定です。
    予診票が届かない方や、対象者(2.)に該当する方は、接種前に必ず保健センターへお問い合わせください。
  • 身分証明書(健康保険証など)
  • 接種費用(自己負担分)