ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 交通防災課 > 防災行政無線のデジタル放送が始まります

防災行政無線のデジタル放送が始まります


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002738 更新日:2019年11月13日更新

4月1日から 防災行政無線のデジタル放送が始まります
 平成23・24年度の2カ年にわたり、難聴区域の解消およびデジタル化のため、整備を進めてきた防災行政無線事業が完成し、
4月1日(月曜日)から本格運用を開始します。この事業により、災害時に、より確実な市民への情報伝達手段が確立されたほか、
必要な情報をさまざまな方法で周知できる環境が整いました。
●主な特徴
親局…親局(市役所)が被災した場合は、大野出張所およびはまなす公園を緊急親局として、発信できる装置を整備しました。
子局…難聴区域を解消するため、既設の屋外拡声子局111基の改修に加え、85基の子局を新設し、合計196基と大幅に子局を増設しました。
 子局については、子局のグループごとにずらして放送する「時差放送」を行うことで、音声の明瞭化を図ります。
 また、すべての子局に、停電時に160時間の対応ができるバッテリーを備えるとともに、特に海岸部の子局は、津波対策として地上5mの高さに制御盤を設置し、視覚に訴えるLED閃光灯を最上部に取り付けました。
中継局…中継局(発信地)を市役所から、はまなす公園展望塔に移し、各子局が受信しやすい環境をつくりました。
無線電話…市内43カ所(主な避難場所)については、市・災害対策本部と通信できる無線電話を整備しました。
FMかしま…国のJアラート(全国瞬時警報システム)起動時は、FMかしまへの緊急割り込み放送を可能にしました。
●正しい防災行政無線の聞き方
 防災行政無線は、屋外にいる人を第1の対象としているため、窓を閉めきった状態で室内ですべてを聞き取ることは困難です。
 室内にいるときは、1回目の放送で、「何か言っているな」と気づいて、窓を開けたり外へ出たりしてから、2回目の放送を聞き取ってください。
 もし、聞き取れなかった場合は、テレフォンガイドや市ホームページでご確認ください。
●開始する主な新しいサービス
(1)防災行政無線の放送内容を、すぐに電話で確認できるテレフォンガイド(有料) (放送時から24時間確認できます)
(2)防災行政無線の放送内容を、すぐにホームページで閲覧できる連動機能。「いざ!」という時、防災行政無線放送内容を確認してください。http://bousai.city.kashima.ibaraki.jp/bousaimain.html
 
●子局(スピーカー)をグループごとにずらして放送する「時差放送」が始まります
音声が重なって聞こえづらくならないよう、子局( スピーカー)を3つのグループに分けて、時差による放送を行います(緊急時を除く)。
下図参照(画像をクリックすると、別ウインドウで大きな画像が開きます。)
時差放送