ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 施設管理課 > 平井児童公園の紹介

平井児童公園の紹介


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003171 更新日:2019年11月13日更新

平井児童公園

 「平井児童公園」は、昭和47年より始められた北海浜埋め立て事業により、従来の砂丘が消滅したため、代替え施設として平井地区からの要望により、昭和55年に開設しました。
 この公園は、自然の地形を利用して、芝生を多く用い砂地に強いマサキ・トラベラなどを多く植栽し、幼児向けプール(徒渉池)を配置しました。  また、地形は、以前の砂浜をそのまま生かし起伏に富んだ細長い形をしており、景観の保全と防砂、防風機能を有した緩衝緑地的要素をもった公園です。
【所在地】鹿嶋市平井1番地32 他
【開設年月日】昭和55年6月28日
【公園面積】8、500平方メートル

主な遊技施設

  徒渉池(幼児向けプール)・・・・・1箇所   すべり台(プール内)・・・1基   砂場・・・・1箇所     「平井児童公園徒渉池(幼児向けプール)の池開きについて」のページへ

休養施設

  ベンチ・・・8基
  あずまや・・・・・・1基

便益施設

  水飲み・・・・3基
  トイレ・・・・1基

主な植栽樹木

 鹿島灘に面した海岸には、北海浜埋立緩衝緑地と、既存集落にはさまれた公園で、年間を通して北東の風が吹きつけ、砂丘のため樹木の育成にきびしい環境です。
 植栽しました樹木は潮風にも強いクロマツやマサキなど4、200本が植栽されています。
※この公園は国有地を無償借受して整備した公園です。  

■この公園は「平井公園の会」の皆さんにより管理されております。

■ 

■ 

■ 

■ 
関連書類


リンク