ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 健康食品で体調不良 医師などに相談しょう

健康食品で体調不良 医師などに相談しょう


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0073495 更新日:2023年9月1日更新

健康食品で体調不良

内容

健康食品を購入し、数日食べたところ激しい腹痛と下痢を繰り返した。かかりつけ医に相談すると健康食品が原因ではないかと言われ、食べるのをやめると腹痛も下痢も治まった。販売店は「下痢を起こすような材料は入っていない。悪いものが身体から出ただけ」と言う。(70歳代)

ひとこと助言

  • 健康の維持・増進の基本は、「栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な休養」です。健康食品を摂る選択をする前に、今の自分にとって本当に必要かをよく考えましょう。
  • 健康食品を複数利用したり、医薬品的な効果を期待して利用したりしないようにしましょう。
  • 自己判断での医薬品との併用は避け、不調を感じたら必ず医師や薬剤師などに相談しましょう。
  • 一般的に「好転反応」と呼ばれるような、体調が良くなる過程で不調の症状が出たり、体調がより悪くなったりする現象は、科学的には存在しません。体調が悪くなるのはその健康食品が身体にあっていない証拠です。体調に異変を感じたらすぐに使用を中止しましょう。

リンク 見守り新鮮情報(国民生活センター)<外部リンク>


避難所混雑状況