ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 分類でさがす > 歴史・文化 > 歴史・文化 > 文化財 > 鹿嶋デジタル博物館 > 観音講(かんのんこう)

本文

観音講(かんのんこう)

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050186 更新日:2021年3月29日更新

観音講(かんのんこう)は、地区によって「待講(まちこう)」・「つきあい講」ともよばれています。

結婚してから子を生める年齢までの女性が参加する講で「安産」「子育」祈願のためのものでした。毎月一回(十五・十七・十八日が多い)行なわれ、当番の家(地区によっては地域の寺)に集まって、床の間に観世音の掛軸をかけ、線香、ロウソクをともして、皆で御馳走を食べるなどします。

当番の人がお茶や菓子、寿司やそばなどを取りよせるなどして用意し、その費用は各自が負担しました。

避難所混雑状況