ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

鹿島神宮樹叢

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050149 更新日:2021年3月29日更新

鹿島神宮樹叢 の画像

名称 鹿島神宮樹叢
時代  
寸法  
説明 写真中央の緑の部分が鹿島神宮境内の樹叢です。神宮境内には、神宮の長い歴史とともに生育してきた巨木名木が多く、県内随一の常緑照葉樹林です。樹叢は、高木層はモミ・スギ・シイ・タブノキ・クスノキ・カシ類など、低木層はヒサカキ・モチノキ・シロダモ・モッコク・アオキ・アリドウシなど、草木層はブミョウガ・オカメザサ・シダ類などです。本殿の裏にはスギの神木があり、樹高約43m、根周囲12mの巨木で、樹齢約1000年といわれています。要石周辺は、モミの純林とオカメザサの群生が見られます。しかし、モミは1979~1980年にハラアカマイマイが異常発生し、食害を受け大部分が枯死した時期がありました。御手洗池周辺はカヤ・モミ・スジダイ・タブノキなどの樹高20m以上の混生林が見られます。
避難所混雑状況