ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

比屋久内遺跡

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050136 更新日:2021年3月29日更新

比屋久内遺跡

名称 比屋久内遺跡
時代 奈良・平安時代
場所 鹿嶋市大字木滝字比屋久内322-1
説明 鹿嶋の製鉄<外部リンク>が最初に表れたのは『常陸国風土記』の慶雲元年(704)のことです。「国司の采女朝臣が佐備大麻呂などを率いて若松の浜で砂鉄を取って、剣を造った」とあります。比屋久内遺跡は、発掘調査の結果から谷から吹き上げる風を利用した平安時代後期の半地下式の構造の炉を持つ”たたら製鉄”遺跡と考えられています。昭和30年代に和島誠一博士によって現地調査が行われ、当時、関東地方における製鉄遺跡として全国に紹介され、考古学の概要書などで広く紹介されています。
避難所混雑状況