ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

神向寺山門

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050121 更新日:2021年3月29日更新
名称 神向寺山門
時代 製作年代:宝暦9年(1759)
寸法 構造:薬医門、銅版葺
説明 神向寺は西暦588年に用命天皇と聖徳太子の勅願によって、鶴居川本に精舎を創建したのが始まりだといわれています。香島山仁多寺と号し、渡来仏の金剛仏を安置しています。法相宗でしたが、西暦1300年時宗に改め、鶴駕山千手院神向寺と改称しました。山門は、鹿島神宮境内にあった古楼門といわれ、西暦1762年に移築したものと伝えられています。豪壮な桃山調です。
避難所混雑状況