ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 下水道課 > 私道への公共下水道設置工事について

私道への公共下水道設置工事について


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003259 更新日:2019年11月13日更新
【私道への公共下水道設置工事】
   市では、計画に基づいて市道などの公道に公共下水道管を埋設していますが、私道についても同様に、水洗化の普及と利用促進を図るため、一定の条件を満たした私道については、整備を行っています。
  なお、工事を行うためには次の基準を満たす必要があります。
<申請条件>
(1)私道に設置する公共下水道を利用する所有者の異なる家屋が2戸以上あること。
(2)私道の幅員が1.8m以上で、一端が公共下水道が設置されている公道に接続し、公共性の高いこと。
(3)私道に係る土地の所有権及びその他の権利を有するものが、公共下水道の設置及び維持管理のため、この私道の使用を承諾していること。
(4)公共下水道設置後、私道に面する家屋の全戸が、早くに工事を行なうこと。
(5)私道の使用期間は、公共下水道の存置期間中とし、使用料は無償であること。
(6)公共下水道の設置に当たり、技術的及び施工上困難でないこと。
(7)公共下水道の設置に当たり、支障となる既設管を撤去することに同意していること。
(8)市税、下水道受益者負担金を滞納していないこと。
(9)官公庁、法人、民間アパート等のみは適用しない。
 
<手続き>
申請者のうちから代表者を選び、市へ申請書を提出してください。
 
<施設の維持管理>
整備した下水道は、市有財産となり、市で維持管理を行ないます。
 
<提出書類>
(1)公共下水道設置申請書(様式第1号)
   位置図
   平面図及び土地所有者区画図
   公図
   地籍測量図
   登記事項証明書等
(2)公共下水道設置承諾書(様式第2号)
様式第1号~第2号は、以下の『関係書類』からダウンロードできます。
なお、詳しい内容や手続きについては、上下水道部下水道課へお問い合わせください。

私道公共下水道設置例
■ 私道公共下水道設置例
関連書類

 

くらしの情報:関連項目  下水  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)