ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 契約検査室 > 公共工事における「総合評価落札方式」の実施について

公共工事における「総合評価落札方式」の実施について


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0001702 更新日:2020年5月1日更新

総合評価落札方式実施工事

・1鹿下第33号 鉢形地区汚水管整備工事(入札公告PDF:公告日令和元年9月10日)

・1市整鹿道建第30号 道路改良工事(入札公告PDF:公告日令和元年8月20日)

結果につきましては、こちらをご覧ください。《令和元年度執行分 一般競争の結果公表》        

総合評価落札方式とは

   総合評価落札方式とは、従来の価格だけの競争入札とは異なり、価格以外の要素と価格を併せて 総合的に評価し、競争するしくみです。

  鹿嶋市では「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(品確法)の施行に伴い、公共工事の品質の確保、 及びダンピング受注や談合防止を目的として、平成19年度から総合評価落札方式を試行しています。

 具体的な評価基準等については、下記関係書類「鹿嶋市建設工事総合評価落札方式試行要領」をご覧ください。 なお、評価項目については、発注する工事に応じて満点および評価項目が増減する場合があります。この工事ごと の評価項目については、入札公告に示すものとします。        

対象工事


 鹿嶋市が発注する一部の建設工事について試行実施いたします。
 一般競争入札は、「総合評価特別簡易型」と「通常型の価格競争」の併用で実施します。


  ※入札参加に必要な書類などについては、下記関連書類の <重要>総合評価一般競争入札(郵便入札)の注意事項及び申請様式一式 を参照してください。


関連書類