ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 分類でさがす > 歴史・文化 > 歴史・文化 > 歴史 > 鹿嶋デジタル博物館 > 火の玉長栖野郎(ひのたまながすやろう)

本文

火の玉長栖野郎(ひのたまながすやろう)

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050217 更新日:2021年3月29日更新

昔むかし、どこからともなく来た罪人が長栖に住みつき、村で悪さをしていました。村人達はたいへん困ってしまい、役人に捕まえてくれるよう頼みましたが、なかなか捕まりません。

しかしある日、大ズウ(おおずう)※に隠れているところを見つかって捕まり、死刑にされました。村人達は「生前には罪を犯しても、その罪を償った。」と亡骸を丁寧に埋葬しました。

それ以来、大ズウあたりでは火の玉が出るようになり、霧の多い夕方に出ると言われ、村人の多くがこの火の玉を目撃したといいます。村人はこの火の玉を「長栖野郎」と呼び、日が落ちても遊んでいる子どもらがいると「長栖野郎が出るから早く家に帰れ。」と驚かして言ったそうです。

※大ズウとは・・・
椎の穴で、中は暗く不気味であったので、男の子の肝試しに用いられ、7歳になったら大ズウをくぐれなければ、紐解きは出来ないと言われていました。

火の玉長栖野郎-イラスト

避難所混雑状況