ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

林城跡

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050141 更新日:2021年3月29日更新

林城

名称 林城跡
時代 天正19年(1591)
場所 鹿嶋市大字林1137ほか
説明 林城は中城と外城で構成され、中城は林氏の居館跡です。中城は大字林の大地上南東端の字中城にあり、別名「桂山城」と呼ばれる中世城館跡です。また、字名の庭月は月見をした所と言われていますが、北浦を航行する船の見張り所が置かれていたとも考えられています。天正19年(1591)、城主林弾正時国の時、常陸太田の佐竹氏によって攻め落とされ、他の鹿島氏族とともに滅亡しました。
避難所混雑状況