ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

霜水寺西堂跡

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050139 更新日:2021年3月29日更新

西堂跡

名称 霜水寺西堂跡
時代 不詳
場所 角折字忠2096
説明 霜水寺は大字角折に所在する真言宗豊山派の寺院です。霜水寺西側に鹿角堂跡があり、礎石が現存します。測量調査の結果、霜水寺西堂跡と分かりました。御伽草子の一つである『文正草子』の黄金輝く岡のお堂とも考えられています。
避難所混雑状況