ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

鹿島神宮仮殿

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050119 更新日:2021年3月29日更新

鹿島神宮仮殿

名称 鹿島神宮仮殿
時代 1619年(元和5)
寸法 構造:桁行3間、梁間、向拝1間
説明 現本殿の造替え時に建立されたもので、本殿と同じく幕府大棟梁鈴木長次が作事しました。造営当初は拝殿の左前方にあって、四面していましたが、再三位置を変え、1951年現在の場所に移されました。
避難所混雑状況