ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 分類でさがす > 歴史・文化 > 歴史・文化 > 文化財 > 鹿嶋デジタル博物館 > 鹿島神宮摂社奥宮本殿(附棟札1枚)

本文

鹿島神宮摂社奥宮本殿(附棟札1枚)

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050117 更新日:2021年3月29日更新

奥宮

名称 鹿島神宮摂社奥宮本殿(附棟札1枚)
時代 棟礼:慶長10年(1605)
寸法 構造:三間社流造、向拝一間、ひはだ葺
説明 1605年に徳川家康によって造営されたものです。当初は鹿島神宮の本殿として造営されましたが、1619年に徳川秀忠が新しく本殿等社殿を造営したため、現在の場所へ移されて、奥宮となりました。和様を基調とし、素木造で装飾としてかえる股、手狭などの彫刻を施すのみで、木割雄大、彫刻雄渾な桃山時代の風潮をよく表しています。
避難所混雑状況