ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 分類でさがす > 歴史・文化 > 歴史・文化 > 歴史 > 鹿嶋デジタル博物館 > 正倉院(しょうそういん)

本文

正倉院(しょうそういん)

印刷用ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示
記事ID:0050036 更新日:2021年3月29日更新

鹿島郡家-正倉域

正倉院は、税を保管するための倉庫群です。この倉庫群は、発掘調査から幅約4~5mの大溝に囲まれていたことが分かっています。

この大溝は、律令規定の「倉庫令(そうこりょう)」という当時の法令に従って設けられたものと考えられます。倉庫令には、「倉庫は高台で乾燥した場所に設けること」「倉庫周囲には池渠(溝・池)を設けること」「倉庫から五十丈(約150m)以内には官舎を置いてはならないこと」が規定されています。鹿島郡家の倉庫群は、まさに標高32mの乾燥した高台に位置し、倉庫の廻りを大溝がめぐっていて、郡庁の正殿から大溝までが約150mであり、倉庫令を正しく守っていることが窺えます。

昭和55年の発掘調査風景からは、人がすっぽり入ってしまう大溝の規模の大きさが分かります。この大きさの溝が、正倉院(倉庫)の廻りを約150m巡っていました。

大溝の調査風景

神野向大溝調査風景

避難所混雑状況