ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 水道課 > 水道のしくみ

水道のしくみ


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003271 更新日:2019年11月13日更新

 皆さんに水道水をお届けするためには、各水道施設から配水された水が「配水管」という公道に埋設された水道管を通り、この配水管から徐々に枝のように分かれて家庭まで引き込まれた給水管を通して届けています。
 この給水管や分水栓・止水栓・メーター器・蛇口等を総称して「給水装置」と呼んでいます。
 この給水装置は、皆さん個人の財産です。この部分の新設工事・改造工事・漏水修理等の費用は、皆さんの負担となります。


 しかし公道に埋設された部分の給水装置の修理費用などは、水道事業者の負担で行っています。通常の管理区分として公道上は、水道課の方で私有地内は水道加入者の皆さんで管理することになっています。
 なお、鹿嶋市で指定を受けた工事店(指定給水装置工事事業者)以外では、給水装置工事を行うことができませんのでご注意ください。