ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 土地・住宅・建築・開発・区画整理・屋外広告物 > 住宅支援・マイホーム > 【受付期間延長のお知らせ】被災住宅復旧緊急支援事業補助金の希望者を募集します。

【受付期間延長のお知らせ】被災住宅復旧緊急支援事業補助金の希望者を募集します。


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0011278 更新日:2020年3月16日更新

 被災住宅復旧緊急支援事業補助金制度

※申請受付期間が延長になりました。

鹿嶋市では、令和元年台風15号により被災された方に住宅の早期復旧及び生活再建を支援するため、被災された住宅の復旧工事費用の一部を支援します。
(台風15号により、一部損壊または半壊の被害を受けた自己の居住する住宅に対し、住宅の屋根や台所・トイレなど日常生活に必要不可欠な最小限度の部分の復旧工事について、費用の一部を支援する制度です。)

詳しくはこちらのパンフレット [PDFファイル/630KB]も合わせてご確認ください。

【期間延長内容】

​○対象工事   当補助金申請時までに完了した工事 → 令和2年11月30日までに完了予定の工事​

○受付期間   令和2年3月13日(金曜日)→ 令和2年3月31日(火曜日)

※注意※

工事が完了していない場合につきましても、申請受付期間は令和2年3月31日(火曜日)になります

1 補助の要件について   

※台風15号により被災された住宅に限ります。

次のすべての要件を満たすこと

(1)一部損壊または半壊が認められた住宅(り災証明書により確認いたします)

(2)自己または親族が所有し、災害発生時に自己または親族が居住していた住宅
  (併用住宅については、自己または親族が居住する部分の復旧工事)

(3)対象工事費が10万円以上(消費税を含む)であるもの

(4)令和元年9月9日以降に着手し、令和2年11月30日までに完了予定の工事

​(5)市税に未納がないこと

2 補助の金額について

【補助金額】復旧工事費用(消費税を含む)の2割または50万円のいずれか少ない額が交付されます。

 

【例】復旧工事費用が(1)~(3)の場合

 (1)100万円の場合  100万円×20%=20万円

 (2)250万円の場合  250万円×20%=50万円

 (3)500万円の場合  500万円×20%=上限50万円を補助

 

3 対象になる工事は? 

対象となる

工事の例

屋根(葺き材の変更も対象)・柱・床・外壁・基礎等

ドア・窓等の開口部(ガラス、鍵交換も対象)

上下水道・電気・ガス・電話等の配管・配線

給排気設備(換気扇等)

衛生設備(便器、浴槽等)

対象とならない

工事の例

家電製品(エアコン、照明器具、テレビアンテナ等)

建物付属設備(ソーラーパネル、ベランダ等)

網戸

内装※1(間仕切り壁及び天井の仕上げ、ふすま、障子、畳※2等)

外構工事(車庫、カーポート、物置、門、ブロック塀、柵等)

※1 災害による被害が原因で壊れた壁の補修については、補修する壁に限り、壁紙等の内装は対象とする。

※2 畳は、壊れた床の補修と併せて行わざるを得ない場合に限り、6畳まで対象とする。

 

 

4 Q&A

Q.2世帯で一つの家に住んでいるが、2回申請が可能ですか?

A.申請は1住戸につき、1回限りです。現に同居が確認できる場合には、同じ世帯とみなします。

 

Q.複数の業者に依頼をしているが、申請はどのように行えばよいですか?

A.申請は1回限りとなるので、すべての支払いが済んでからまとめて申請してください。

 

Q.床の修繕と併せて追加設備(グレードアップ)の工事は対象になりますか?

A.床暖房などの追加設備(グレードアップ)は自己負担となります。

 

 

5 申請に必要な書類は?

【工事が完了している場合】

必 要 書 類 

1.被災住宅復旧緊急支援事業補助金交付申請書 [Wordファイル/15KB]   

記入例 [PDFファイル/130KB]

2.復旧工事の見積書 [Wordファイル/22KB]

記入例 [PDFファイル/341KB]

3.耐震性の向上等に資する工事であることの確認書 [Wordファイル/21KB] ※屋根または外壁の工事を伴わない場合は不要

 

4.資力に関する申出書 [Wordファイル/20KB]

記入例 [PDFファイル/106KB]

5.り災証明書の写し(市役所2階税務課で受付)

※り災証明書は申請から発行までしばらくお時間をいただきます。取得していない方はお早めにご相談ください。

 

6.復旧工事に要した費用に係る領収書等の写し

※領収書の宛名が申請者ご本人であること

工事未完了の場合は除く

7.復旧工事に要した費用の内訳が確認できる書類の写し

 

8.復旧工事施工前の状況がわかるカラー写真

※り災調査依頼時に提出し手元にない場合は不要 

 

9.復旧工事完了後の状況がわかるカラー写真

工事未完了の場合は除く

10.その他市長が必要と認める書類

 

【工事が完了していない場合】

6番・9番の提出書類を除き、申請をしてください。

※工事が完了したら下記の書類を提出してください※

11.被災住宅復旧緊急支援事業補助金事業計画変更申請書 [Wordファイル/14KB]

(工事内容等に変更があった場合)

記入例 [PDFファイル/77KB]
12.被災住宅復旧緊急支援事業補助金完了報告書 [Wordファイル/13KB] 記入例 [PDFファイル/282KB]
13.補助事業決算内訳書 [Wordファイル/16KB] 記入例 [PDFファイル/461KB]

6.復旧工事に要した費用に係る領収書等の写し 及び 9.復旧工事完了後の状況がわかるカラー写真

★申請の際には印鑑(朱肉を使用するもの、認印可)もお持ちください。

 

【関連書類】

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)