ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工観光課 > 塚原卜伝略年表・廻国の足跡

塚原卜伝略年表・廻国の足跡


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003045 更新日:2019年11月13日更新

 塚原卜伝略年表

    年   号 西 暦 出   来   事






延徳元年 1489 2月鹿島神宮神職卜部吉川座主家二男朝孝として誕生する
明応3~4年 1494~5 この頃塚原家の養子となる




 第  1


永正2年 1505 元服して朝孝から新右衛門高幹と名乗る
    第1回廻国修行に出発
永正3年 1506 京都清水に於いて初の真剣勝負







永正15年 1518 この頃帰国
    師松本備前守政信のすすめで神宮へ一千日参籠 神意を得る
    この頃卜伝と号す
大永2年 1522 遷座祭に卜伝神馬1頭寄進
鍛錬の時代  第   2  回 廻 国 大永3年 1523 松本備前守のすすめで第2回廻国修行に出発
大永4年 1524 高天原合戦(鹿島家の内乱)、松本備前守討死(享年58歳)





天文元年 1532 帰国
天文2年 1533 塚原城主となる(城の経営、弟子の育成に当たる)
    妻妙を娶る(卜伝45歳)
天文13年 1544 妻死去
    根本寺へ田一段寄進






3


弘治3年 1557 城主を養子幹重に譲り第3回廻国修行に出発
永禄4年 1561 伊勢多芸御所で北畠具教に指導、秘伝「一の太刀」を授ける
永禄7年 1564 伊勢より信州、甲斐を歴訪




永禄9年 1566 上野、下野、江戸崎を経て帰国
元亀2年 1571 3月11日死去(享年83歳)
    「宝剣高珍居士 仁甫妙宥大姉」
    夫人とともに梅香寺跡に埋葬されている

廻国の足跡

卜伝の足跡