ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工観光課 > 鹿島灘での潮干狩りの新しいルール(平成30年4月1日から適用)

鹿島灘での潮干狩りの新しいルール(平成30年4月1日から適用)


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003021 更新日:2019年11月13日更新

潮干狩りのルール変更

平成30年4月1日より鹿島灘の海岸での潮干狩りのルールが変更されます。 鹿島灘の貴重な二枚貝類資源を大切に保護していくため、以下のルールを守って、潮干狩りを行ってください。  

潮干狩りができる場所

採ってもよい場所が決まっています。(平成30年4月1日から)   平成30年4月1日より、鹿嶋市内において潮干狩りが行える区域は1か所(下津地区)のみとなりましたので、ご注意ください。

  下津海岸での潮干狩り  

潮干狩りのルール

採れる量に制限があります。   「1人あたり1日1キログラムまで」の貝類の採捕が認められています。   大きさにも制限があります。   3センチメートル以下の鹿島灘はまぐり、こたまがい(ひらがい)は採ってはいけません。 うばがい(ほっきがい)については、7センチメートル以下のものは採ることができません。   道具の制限があります。 潮干狩りの採取方法について  

詳細につきましては、 茨城県HP「鹿島灘での潮干狩りの新しいルール」<外部リンク>をご確認ください。