ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 介護長寿課 > 高額医療・高額介護合算制度をご存知ですか。

高額医療・高額介護合算制度をご存知ですか。


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002925 更新日:2019年11月13日更新

 同一世帯内で、介護保険と医療保険の両方で支払った自己負担額が高額になったとき、限度額を超えた分が支給されます。  

対象者

 医療保険と介護保険の両方に、自己負担がある世帯を対象とします。  

計算期間

 毎年8月1日~翌年7月31日 12カ月間  

限度額

 ○70歳未満の方  
  
基準総所得額(基準総所得額=前年の総所得金額等-基礎控除33万円)によって限度額が異なります。                     

基準総所得額 限度額 平成26年8月~  平成27年7月

限度額
平成27年8月~

901万円超 176万円 212万円
600万円超 ~ 901万円以下 135万円 141万円
210万円超 ~ 600万円以下   67万円  67万円
210万円以下  63万円  63万円
市民税非課税世帯  34万円  34万円

 

 ○70歳以上の方  
  所得状況によって異なります。

区 分 限度額
現役並み所得者(課税所得145万円以上の方)   67万円  
一般(市民税課税世帯の方)   56万円
低所得者(市民税非課税世帯の方)   31万円
低所得者(市民税非課税世帯の方で、かつ世帯の収入から必要経費・控除を差し引いたときに所得が0円になる方)   19万円