ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 介護長寿課 > 介護保険 住所地特例の適用・変更・終了届方法

介護保険 住所地特例の適用・変更・終了届方法


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002899 更新日:2019年11月13日更新

 

 市外の施設への入退所により住所変更をした場合は、届出が必要となります。異動があった日から14日以内に介護保険住所地特例適用・変更・終了届を介護長寿課へ提出するか、介護長寿課あてに郵送してください。 提出は、被保険者本人、その家族、成年後見人または介護支援専門員(ケアマネジャー)など代理での提出も可能です。個人情報が含まれるためファックスでは受付していませんので、ご注意ください。

 

申請届出詳細

申請(届出)時期

 【適用】
 市外の住所地特例対象施設へ住所を異動した場合
 (例:市内のご自宅住所から、A市の施設住所に変更)
 【変更】
 住所地特例者が他の住所地特例対象施設へ住所を異動した場合
 (例:市内のご自宅住所から、A市の施設住所に変更、その後B市の施設住所に変更)
 【終了】
 市外の住所地特例対象施設を退所(居)し、在宅へ住所を異動した場合もしくは死亡した場合
 (例:A市の施設住所から、市内のご自宅住所に変更)

申請(届出)者

 被保険者本人またはその家族、成年後見人、介護支援専門員(ケアマネジャー)など

申請(届出)書

 介護保険 住所地特例 適用・変更・終了届(以下からダウンロードできます)

必要なもの

 ・介護保険被保険者証
 ・個人番号(マイナンバー)が確認できるもの
 ・申請者の本人確認ができるもの
 ・印鑑(朱肉を使用するもの)

申請(届出)方法

 窓口、持ってくるもしくは郵送(ファックスは不可)

受付窓口

 介護長寿課
 月曜日~金曜日(ただし、祝祭日、年末年始は除く)
 8時30分~17時15分

注意事項

 個人情報が含まれるためファックスでは受け付けしていませんので、ご注意ください。

 

関連書類

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)