ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 介護長寿課 > サービス利用までの流れをご案内します。

サービス利用までの流れをご案内します。


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002888 更新日:2019年11月13日更新

 介護保険の認定を受けることで、さまざまなサービスを利用することができます。  利用者の自己負担は、所得に応じて決定され、費用の1割または2割です。
 介護認定の詳しい手続きは、こちらの「要介護認定について」をご参照ください。    
 サービスの利用にあたっては、介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談してください。ご本人やご家族の相談に応じ、サービスの利用調整をしてくれます。
 施設への入所を希望する場合は、直接施設へ申し込んでください。  

ケアプラン(サービス計画)の作成

 要介護・要支援の認定を受けた方が、介護保険のサービスを利用するためには、ケアプラン{居宅(介護予防)サービス計画}の作成が必要となります。
 ケアプラン{居宅(介護予防)サービス計画}の作成を依頼する居宅介護支援事業所、地域包括支援センター(介護予防支援事業所)または小規模多機能型居宅介護事業所が決まりましたら届出をしてください。

 

 また、事業所を変更するときも同様の届出が必要です。
 届出がない場合、介護サービスの費用をいったん全額自己負担していただく場合があります。

 

(「サービス計画作成依頼(変更)届出書」)(PDF:131KB)

 

要介護1~5の方(介護給付)

 ⇒「居宅介護支援事業者」へご相談ください。

 

要支援1・2の方(予防給付)

 ⇒「地域包括支援センター」へご相談ください。

 

非該当となった方(地域支援事業の介護予防)

 ⇒「地域包括支援センター」へご相談ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)