ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 生活福祉課 > 鹿嶋市社会福祉法人の設立認可等の手続きを紹介します。

鹿嶋市社会福祉法人の設立認可等の手続きを紹介します。


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002850 更新日:2019年11月13日更新

社会福祉法人の設立について    

 社会福祉法人を設立するには、所轄の行政庁からの認可が必要となります。行政庁からの設立認可後、法務局にて法人設立登記を行った時点で、正式に法人設立となります。    
 上記のとおり、鹿嶋市内にて社会福祉事業を行う社会福祉法人を設立するためには、所轄庁長である鹿嶋市長の認可が必要になります。  
※施設や事業所が複数の市町村の区域に所在している場合は、茨城県(茨城県内の複数市町村にわたる場合)もしくは厚生労働省(複数の都道府県にわたる場合)が所轄庁になります。    

 つきましては、下記のとおり「鹿嶋市社会福祉法人設立の手引き」を平成30年4月1日付けで作成いたしましたので、社会福祉法人の設立を予定している方は、手引きを参照していただき、下記様式にて市生活福祉課へご提出いただくようお願いいたします。    

【鹿嶋市社会福祉法人設立の手引き】   
 ・鹿嶋市社会福祉法人設立の手引き(PDF:968KB)   
 ・鹿嶋市社会福祉法人設立認可申請様式(PDF:768KB)   
 ・鹿嶋市社会福祉法人設立認可申請様式(Word:73KB)   
 ・申請書類チェックリスト(PDF:386KB)    

 

社会福祉法人設立認可後の手続きについて    

 設立認可申請が正式に受理されましたら、おおむね1~2ヶ月で社会福祉法人設立認可書交付式を開催し、設立認可書を交付いたします。  
 認可書が交付されると社会福祉法人の登記が可能になりますが、社会福祉法第34条に「社会福祉法人は、その主たる事務所の所在地において設立の登記をすることによって成立する。」と規定されています。  
社会福祉法(厚生労働省)についてはこちらを参照<外部リンク>    
 また、組合等登記令第2条の規定により、社会福祉法人設立認可のあった日(許可書を受領した日)から2週間以内に登記をしなければなりません。なお、社会福祉法人としての設立日は、設立登記を行った日になります。  
組合等登記令についてはこちらを参照<外部リンク>    

 設立日に理事会及び評議員会を開催し、理事・監事、評議員の選任や定款等法人に関する重要事項を決議し、社会福祉法人として運営を開始することになります。    

 

社会福祉法人の運営について     

 運営につきましては、茨城県保健福祉部福祉指導課が平成29年3月に作成した「社会福祉法人運営ハンドブック」を参照してください。  
茨城県保健福祉部福祉指導課『社会福祉法人・施設運営の手引き』ホームページ<外部リンク>

 

関連書類


リンク


くらしの情報:関連項目  福祉   介護   障がい   子育て・保育   管理・運営  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)