ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健センター > 日本脳炎予防接種の内容を教えてください。

日本脳炎予防接種の内容を教えてください。


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0003658 更新日:2019年11月13日更新
【質問】
日本脳炎予防接種の内容を教えてください。
【回答】
 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスに感染することによっておこる急性脳炎です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあります。
 日本脳炎ワクチンの接種により、日本脳炎の罹患リスクを75~95%減らすことができると報告されています。
※日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。平成7年~平成18年度生まれの方は日本脳炎の予防接種が不十分になっている可能性があります。
定期接種の対象者は以下の通り生年月日により異なります。
平成10年4月2日~平成19年4月1日生まれの方 20歳未満までに1期及び2期の不足分を接種
平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方 9歳以上13歳未満の間で、1期の不足分と2期の接種
平成21年10月2日以降に生まれた方 1期:6か月以上7歳6か月未満
(標準接種年齢)1期初回:3歳、1期追加:4歳
2期:9歳以上13歳未満

接種間隔については、厚生労働省ホームページ日本脳炎Q&Aをご参考にしてください。
不明な点等ある場合には保健センターまでお問い合わせください。

リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)