ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健センター > ストレスがたまっていませんか?~セルフケアのポイント~

ストレスがたまっていませんか?~セルフケアのポイント~


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0017091 更新日:2020年10月15日更新

ストレスがたまっていませんか?~セルフケアのポイント~

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、私たちの生活にさまざまな影響が生じ、ストレスがたまりやすい状況です。

 こころの健康を維持するためにセルフケアのポイントをご紹介します。

1 基本的な生活習慣を整えましょう

 こころと身体は密接に関係しています。体調が悪ければ気持ちも沈んでしまいます。身体の調子を整えることはこころにも大事なことです。

睡眠…質の良い睡眠をとることが大切です。起床後すぐにカーテンを開け、日光を浴びることで、体内時計のリズムを保ちましょう。夕方以降のカフェイン、夜のスマホ、深酒は睡眠の質を下げますので、控えましょう。

運動…運動は不安を薄れさせ、気分を爽快にしてくれます。ウォーキングなどの適度な運動を心がけましょう。

食事…栄養の不足からイライラや不安、集中力の低下を招くことがあります。また、ストレスで暴飲暴食になることも。朝・昼・晩と規則正しく、主食・主菜・副菜の3要素をそろえたバランスの良い食事をとりましょう。

2 いろいろなストレス解消法を持ちましょう

 心身の緊張をほぐすような時間や何かに夢中になって嫌なことを忘れる時間を作りましょう。

 (例)

 *リラックス系 :ゆっくりお風呂に入る ゆっくり腹式呼吸 昼休みに軽い昼寝(20分程度)

            温かい飲み物を飲む アロマを焚く ストレッチ

 *発散系 :好きな歌を大声で歌う 体を動かして汗をかく おしゃべり 笑う・泣く

3 信頼できる友達や家族に話を聴いてもらいましょう

 メールや電話も上手に使い、友達や家族とのコミュニケーションの機会を持ちましょう。信頼している誰か話を聴いてもらうだけで気持ちが和らぐことがあります。

 また、こころの不調を感じる場合は、保健センターのこころの相談やその他の相談機関をご利用ください。

《こころの相談先》
 
保健センターでは、さまざまな原因による不安や悩み、不眠、ひきこもり、依存症などについて、本人やその家族を対象に、医師や相談員によるこころの相談を実施しています。
 予約制となりますので、ご希望の方は、保健センター(電話:82-6218)までご連絡ください。

 保健センター以外の相談先として、下記の相談先もぜひご利用ください。
〇茨城いのちの電話
 つくばTel:029-855-1000(毎日24時間)
 水戸Tel:029-350-1000(毎日24時間)
 フリーダイヤルTel:0120-783-556(毎月10日 8時~翌日8時まで)
〇いばらきこころのホットライン
 平日 Tel:029-244-0556(9時~12時、13時~16時)(祝日・年末年始休)
 土日フリーダイヤルTel:0120-236-556(9時~12時、13時~16時)(年末年始休)

○茨城県潮来保健所「こころの相談」係
 平日Tel:0299-66-2174(8時30分~17時15分)

 

《こころの体温計》
あなたに合ったストレス対処法がわかります。
こころの体温計<外部リンク>  「さっそく、こころの体温を測ってみる!」(クリック)<外部リンク>  
※下記QRコードからもアクセスできます。

QRコード

 

*セルフケアはこちらも参考に*

 厚生労働省の「こころもメンテしよう」というホームページ<外部リンク>内にも「こころと体のセルフケア」が紹介されています。よろしければ参考にしてください。

  ・こころの健康を保つ生活についてやストレスの対応についてもっと詳しく知りたい方は、参考にしてください。
    ➡厚生労働省ホームページ<外部リンク>