ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 国保年金課 > 令和2年度人間ドック・脳ドック受診料金を助成します

令和2年度人間ドック・脳ドック受診料金を助成します


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0015664 更新日:2020年8月1日更新

鹿嶋市国民健康保険に加入している方で、市税などに未納がない世帯で

下記のすべてに該当する方の人間ドック・脳ドックの受診料金を助成します。

【受診対象者】

  • 鹿嶋市国民健康保険に加入している方 ※1世帯1人まで
  • 令和元年7月1日以前から鹿嶋市国民健康保険に加入している方
  • ドック受診時に35歳(脳ドックについては40歳)~74歳になる方

 

【申し込み期間】

令和2年8月3日(月曜日)~ 同年8月21日(金曜日)(土・日曜日、祝日を除く)

8時30分~17時15分

 

【実施医療機関】

  • 健診コース(胃内視鏡)

小山記念病院・松倉中央クリニック・筑波大学附属病院つくば予防医学研究センター

  • 健診コース(胃透視)

小山記念病院・神栖済生会病院・白十字総合病院・土浦協同病院・なめがた地域医療センター

  • 脳ドックコース

小山記念病院・白十字総合病院

 

【ドック実施期間】

令和3年2月末まで

※助成決定後に医療機関から日時が指定されます。

 

【健診コース、健診費用】

健診コース  総合健診(日帰り)

健診項目

特定健診、眼科検査、聴力検査、呼吸器検査、

消化器検査(胃内視鏡(カメラ)または胃透視(レントゲン)」)、超音波検査、

便潜血検査など

助成額

健診費用の50パーセント (上限20,000円)

脳ドックコース

健診項目

特定健診、眼科検査、聴力検査、脳MRA、脳MRI検査など

助成額

健診費用の50パーセント (上限20,000円)

※上記健診項目は、医療機関によって異なるため、詳しくは国保年金課にお問い合わせください。

※令和元年度中に医療機関に受診しなかった世帯の被保険者には、助成額に5,000円が加算されます。

※検査項目の中で実施できなかったものがあっても、料金の払い戻しはできません。

 

【申し込み場所】

国保年金課(1階8番窓口)または大野出張所

 

【必要なもの】

ドック受診者の被保険者証、世帯主の印鑑(朱肉を使うもの)

※郵送での申請をご希望される方は、申請書を送付いたしますので、

国保年金課までご連絡をお願いいたします。

 

【定員】

250人

※定員になり次第締め切ります。

 

【注意事項】

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、各ドックが中止になる可能性があります。
  • 各ドックの受診料金の助成と、鹿嶋市保健センターが実施している特定健康診査との重複受診はできません。
  • 脳ドックは3年に1度の補助となります。平成30年度または令和元年度に脳ドックを受診された世帯は、総合健診の補助のみ受けることができます。