ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 交通防災課 > (弾道ミサイル)発射されてもJアラートが鳴らないことがあるのはなぜ?

(弾道ミサイル)発射されてもJアラートが鳴らないことがあるのはなぜ?


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002616 更新日:2019年11月13日更新

 ≪(弾道ミサイル)発射されてもJアラートが鳴らないことがあるのはなぜ?≫
【質問】


弾道ミサイルが発射されてもJアラートが鳴らないことがあるのはなぜでしょうか。
【回答】


 全国瞬時警報システム(Jアラート)は、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性または領土・領海を通過する可能性がある場合に使用します。  逆に、日本の領土・領海に落下する可能性または領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。 なお、日本の排他的経済水域(Eez)内にミサイルが落下する可能性がある場合は、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。 (内閣官房国民保護ポータルサイトより転載)

みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?