ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 廃棄物対策課 > 微量PCB混入廃電気機器等の把握支援事業について

微量PCB混入廃電気機器等の把握支援事業について


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002593 更新日:2019年11月13日更新

 茨城県では、廃電気機器等の適正処理を推進するため、PCB濃度を測定する経費の補助制度を設けたとの連絡がありましたのでお知らせいたします。
 この機会を利用して、電気機器等にPCBが含有されるか否かの確認をされ、適切な対応を取られますようお願いいたします。
1 事業の概要
(1)補助対象者
 県内に居住する個人、団体または法人及び市町村。
ただし、電気事業法に規定する一般電気事業者を除きます。
(2)事業の内容
 県内で使用または保管される電気機器とOFケーブルについて、当該電気機器等に用いられている絶縁油中のPCB濃度を測定すること。
ただし、電気機器等のうちPCBを絶縁油として使用していることが明らかなものは除きます。
(3)分析の委託先及び方法
 計量法に基づく環境計量証明事業の登録を受けていること。
PCBの分析方法は次のいずれかによること。
  1「特別管理一般廃棄物及び特別管理産業廃棄物に係る基準の検定の方法」(平成4年7月3日厚生省告示第192号)の別表第2に定める方法
  2 社団法人日本電気協会の定める方法(JEAC1201-1991)
  3 上記以外の方法であって知事が認める方法


2 補助対象経費及び補助額
(1)補助対象経費
 電気機器等の絶縁油中のPCB濃度測定に要する経費 (試料採取費用を含む。)
(2)補助率
 補助対象経費の2分の1 (ただし、1検体当たりの補助額は25千円が上限)
(3)補助対象件数
 600検体

3 申請受付期間
  
 平成22年1月4日(月曜日)~ 平成22年3月1日(月曜日)


4 申請窓口及び問合せ先
  
 茨城県 生活環境部 廃棄物対策課 施設指導グループ PCB担当
 Tel 029-301-3027
 ※申請の流れや様式は以下のリンク「茨城県ホームページ」をご覧ください。