ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 廃棄物対策課 > 土砂等による土地の埋立て、盛土及びたい積の事業許可申請に関すること

土砂等による土地の埋立て、盛土及びたい積の事業許可申請に関すること


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002591 更新日:2019年11月13日更新

 土砂等による土地の埋立て、盛土及びたい積を行う事業区域の面積が5、000平方メートル未満の場合は、 許可の申請を行う前に事前協議を行うために下記の書類を廃棄物対策課へ提出してください。

  ※事業区域の面積が5、000平方メートル以上の場合は、茨城県への申請になります。<外部リンク>

  (1) 事前協議書(様式第1号の2)<印鑑登録印を押印>

  (2) 土地埋立て等事業計画書(様式第3号)<事業を行う目的を簡潔に記載>

  (3) 埋立て等区域の位置を示す図面<道路、地勢等周辺状況が判別できるもの>及び埋立て等区域の付近見取図

  (4) 事業区域の計画平面図

  (5) 土地を使用する権原を証する書面<申請者が事業区域内の土地の所有権を有しない場合>

  (6) 公図の写し(所有者名、所有者住所、地目を記入)<事業区域及び隣接地含む>

  (7) 地権者一覧表<事業区域及び隣接地含む>

  (8) 土砂などの搬入経路図

  (9) 土砂等発生元証明書(様式第5号)

  (10) 区長の意見書

  (11) 計量証明書<土砂発生元現地調査後、必要と認めた場合>

  (12)その他(事業許可申請時の添付書類を提出するように求めることがあります。)

    例:事業者が暴力団員、暴力団若しくは暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者でないことの誓約書  

   ◆ 事前協議書の提出部数は2部

  ◆ フラットファイル、ファイルケースなどで製本、インデックスなどで見出しをつける。