ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 廃棄物対策課 > 「海ごみゼロウィーク」参加及びプラスチックによる海洋汚染対策キャンペーン「プラスチックスマート」参画について

「海ごみゼロウィーク」参加及びプラスチックによる海洋汚染対策キャンペーン「プラスチックスマート」参画について


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002531 更新日:2019年11月13日更新

全国一斉清掃!5月30日~6月8日前後は、海ごみゼロウィーク

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月30日(ごみゼロの日)~6月8日(世界海洋デー)前後までを
海ごみゼロウィークと定め、日本全体が連帯し、海洋ごみ削減のための
アクションを一斉に行う。ごみを出さない、ごみを捨てない、ごみを拾う。
この当たり前な行動は、日本の誇りであり、世界の模範となる。
そして、一人ひとりの行動が、海の未来を守ることにつながる。
いまこそ、行動を起こそう。日本から世界へ、海の未来を変える挑戦を実現していこう。

ーーーーーーー海ごみゼロウィークホームページから引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

  令和元年6月9日に実施される鹿嶋市環境美化運動(前期)は、環境省の「プラスチックスマート」キャンペーンの一環として行われる「海ごみゼロウィーク」の全国一斉活動へ参加登録を行っております。なるべく青色のものを身に着けてご参加ください。  また、取り組みについてSNS上で情報発信される際には、「#海ごみゼロウィーク」のタグ付けを御活用ください。    

◎「プラスチックスマート」キャンペーンについて

 

---------------------------------------------------------- 

 ポイ捨てなどにより、回収されずに河川などを通じて海に流れ込む「海洋プラスチックごみ」が日々発生しています。世界全体で日々大量に発生する「海洋プラスチックごみ」は長期にわたり海に残存し、このままでは2050年までに魚の重量を上回ることが予測されるなど、地球規模での環境汚染が心配されています。

 こうした問題の解決に向けては、個人・企業・団体・行政などのあらゆる主体が、それぞれの立場でできる取組を行い、プラスチックと賢く付き合っていくことが重要です。

 環境省では、そうした取組を応援し、さらに広げていくため「プラスチック・スマート」キャンペーンを実施しています。

ーーーーーーーープラスチックスマートキャンペーンホームページから引用ーーーーーーーーーーー

 

 令和元年7月6日に実施される第36回鹿嶋市海岸一斉清掃は、この「プラスチックスマート」キャンペーンに参画しています。リンク先の実施案内をご覧のうえ、皆さんの御参加をお待ちしています。

 また、取り組みについてSNS上で情報発信される際には、「#プラスチックスマート」のタグ付けを御活用ください。


下津海岸
■ 下津海岸
海岸漂着物
■ 海岸漂着物