ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境政策課 > 特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ

特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002384 更新日:2019年11月13日更新

特定外来生物 ヒアリについて

 ヒアリは、体長が2.5ミリメートルから6ミリメートルの小さいアリで、特定外来生物に指定されています。  体色は全体が赤茶色で腹部は濃い黒赤色をしており、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。中南米原産ですが、現在、アメリカやオーストラリア、台湾、中国など環太平洋諸国に分布が拡大しています。日本では、東京、名古屋、大阪、神戸の港湾に陸揚げされたコンテナなどから発見されています。

ヒアリかな?と思ったら

 ヒアリを触ったり掴んだりすると毒針で刺してきますので、ヒアリの疑いがある場合は絶対に素手で触らないようにしてください。日本の在来種にもヒアリによく似たアリがいますので、ヒアリと疑われるアリを見つけた場合は、環境省のホームページ<外部リンク>をご覧いただき、冷静な対応をお願いします。 なお、環境省がヒアリ相談ダイヤル(9時~17時)を開設しましたので、発見したアリがヒアリかどうかのお問い合わせは、下記の環境省相談ダイヤルまたは茨城県へご連絡をお願いします。なお、通話料は発信者の負担となります。  

・環境省

環境省ヒアリ相談ダイヤル 0570-046-110
環境省ヒアリ相談ダイヤル(IP電話からの場合) 06-7634-7300

・茨城県

茨城県環境政策課生物多様性センター      029-301-2940
鹿行県民センター環境・保安課                  0291-33-6057

万が一ヒアリに刺されたら

 万が一ヒアリに刺された場合は、まれにアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こすことがありますので、20~30分は安静にして様子を見てください。
 じん麻疹が出たり、呼吸が苦しい、激しい動悸、めまいがするなど、容態が変化したときは、早急に医療機関にて受診してください。その際、ヒアリに刺された可能性があることを医師に告げて治療を受けてください。