ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 家庭用フィットネス器具 楽そうに見えても身体に負担

家庭用フィットネス器具 楽そうに見えても身体に負担


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0067639 更新日:2022年11月4日更新

健康状態や既往症を考えて運動器具を購入しましょう

事例1

足を置くだけで、振動により足腰の筋肉が鍛えられる、という運動器具を通信販売で購入した。使用したところ、10分も経たずに頭が痛くなり気分も悪くなった。(80歳代 女性)

事例2

テレビショッピングで、通電して筋肉に刺激を与える運動器具を購入した。使ったところ足首が痛くなるなど体調が悪くなった。説明書を読むと、糖尿病などの持病がある人は使用しないようにと書かれていた。私には糖尿病があるため、使えない商品だった。(80歳代 女性)

ひとこと助言

  • 足を置くだけで振動や電気的刺激で足腰の筋肉が鍛えられる、という家庭用フィットネス器具を通信販売などでよく目にしますが、楽なように見えても、身体に負担がかかることを理解しておきましょう。自身の健康状態や既往症などを考慮し、購入について慎重に判断することが大切です。
  • テレビショッピングなどの通信販売や店舗購入では、クーリング・オフができません。不明な点は購入前に販売店などに必ず確認しましょう。
  • 間違った使い方により体調を崩すこともあります。取扱説明書をよく読み、正しく使用してください。
  • 体調に合わせて無理のない程度に使用し、異常を感じたらすぐに使用をやめましょう。体調不良が続くときは医療機関を受診しましょう。

リンク 国民生活センター(見守り新鮮情報)<外部リンク>


避難所混雑状況