ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 障がい者のネット通販 周りの人も見守って

障がい者のネット通販 周りの人も見守って


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0057605 更新日:2021年11月12日更新

障がい者の消費者トラブル 継続した見守りを!

内容

知的障がいのあるグループホームの入居者が、ネットで初回980円の脱毛クリームを購入した。昨日2回目が届き、定期購入だと分かり、職員の私に相談があった。入居者本人から事業者に連絡したところ、5回分を受け取って代金を支払わないと解約できないと言われたそうだ。すぐに解約できないか。(当事者:20歳代 女性)

ひとこと助言

  • インターネット通販のトラブルが障がい者にも起きています。目立つ大きな文字で書かれている部分だけでなく、表示を隅々まで確認することなど、家族や周りの人はインターネット通販を利用する際の注意点を本人としっかり話し合っておきましょう。
  • 家族や周りの人が問題に気付くことが、障がい者の消費者トラブルを防いだり、早期解決したりするために大切です。日頃から本人とコミュニケーションを取り、いつもと違った様子はないか、不審な商品や請求書はないかなど、気を配りましょう。
  • 繰り返し同様のトラブルに遭うこともあるため、継続して見守ることが必要です。
  • 困ったことがあれば、鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットダイヤル(188)へご相談ください。本人だけで相談するのが難しい場合は、家族や周りの人が付き添いましょう。

リンク 見守り新鮮情報(国民生活センター)<外部リンク>


避難所混雑状況