ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 不安をあおり契約させるリフォーム工事の点検商法

不安をあおり契約させるリフォーム工事の点検商法


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002352 更新日:2019年11月13日更新

 

●住宅リフォーム工事などの勧誘が目的ということを告げず点検を持ち掛け、不安をあおって契約をせかすという「点検商法」のトラブルが後を絶ちません。家族や周囲の人も、特に高齢者の様子に気を配りましょう。


●「点検させてほしい」と訪問してくる業者には応対しないようにしましょう。


●点検を依頼した場合でも、結果をうのみにしないで、冷静に受け止めることが大切です。別の専門家などに確認して、複数の見積りを取るなど、決してその場で契約しないようにしましょう。


●法定の契約書面を受け取ってから8日以内であるなどの場合はクーリング・オフを行うことが出来ます。


●困ったときは、鹿嶋市消費生活センターなどにご相談ください(消費者ホットライン188)。


リンク