ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 相続税対策のつもりが元本割れ 銀行窓口での保険契約

相続税対策のつもりが元本割れ 銀行窓口での保険契約


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002324 更新日:2019年11月13日更新

 銀行の窓口で勧められたので預金のようなものだと思ったり、預金にするつもりの商品として、元本保証だと思ったりするなど、長期間の保険商品を契約してしまったという相談が寄せられています。また、投資経験がないのにリスクが高い外貨建ての保険商品を勧誘され契約したケースもあります。    

 銀行でも保険商品を販売していますが、預金とは異なり、満期時や中途解約時に元本割れとなる場合があります。 また、外貨建て保険では為替変動リスクが生じたり、日本円と交換する際に手数料が必要となったりすることがあります。

 契約内容がよく分からなければ契約をしないようにしましょう。  

〇契約直後であれば、クーリング・オフが出来ることがあります。不明な点があれば、お早めに鹿嶋市消費生活センター、または、消費者ホットライン188へご相談ください。


リンク