ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 気を付けて 刈払機(草刈機)の使用中に大けがをすることも

気を付けて 刈払機(草刈機)の使用中に大けがをすることも


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002261 更新日:2019年11月13日更新

 刈払機(草刈機)の使用中に、高速で回転する刈刃が石などの異物に接触すると、異物や刃の破片が飛び散ることがあります。作業者自身や周囲の人に当たると、重篤なけがにつながる危険性がありますので、以下のことに気を付けましょう。

〇異物が多い場所だけでなく、壁などの障害物がある場所では、金属製の刈刃よりもナイロンカッターを使用するとよいでしょう。

〇使用前には機械の点検を行い、刈刃の防護カバーを必ず設置しましょう。作業するときにはヘルメットや保護メガネ、手袋などの  保護具を着用してください。

〇地面に小石や枝、空き缶などがないか確認し、除去してから作業を始めましょう。

〇道路際や周囲に建物がある場合は、石飛防止ネットなどを設置しましょう。


リンク