ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 一部の美容医療でクーリング・オフが可能に 特定商取引法が改正されました

一部の美容医療でクーリング・オフが可能に 特定商取引法が改正されました


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002242 更新日:2019年11月13日更新

 平成29年12月1日に改正特定商取引法が施行され、美容医療サービスのうち  (1)脱毛、(2)にきび・しみなどの除去、(3)しわ・たるみの軽減、(4)脂肪の減少、(5)歯の漂白などに  ついて、特定の方法によるものは、クーリング・オフなどができるようになりました。     

 詳しくは鹿嶋市消費生活センターへお問い合わせください。        

 美容医療サービスを契約する際は、次のことに注意しましょう。    

●契約は高額になる場合があります。  ●皮膚障害ややけどなどの危害が一定数発生しています。     

 クリニックのホームページ等の記載をうのみにせず、他の医療機関や医療安全支援センター等で情報を収集し、クリニックや施術方法を慎重に選ぶことが大切です。
    
 契約する内容を書面でしっかり確認し、十分に説明を受け納得した上で施術を受けるか決めましょう。困ったときは、鹿嶋市消費生活センター、または消費者ホットライン(188)へ相談しましょう。  


リンク