ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > かつらのアフターケアの度に、次々と新たな契約をさせられた

かつらのアフターケアの度に、次々と新たな契約をさせられた


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002214 更新日:2019年11月13日更新

 購入したかつらのアフターケア(かつらや頭髪の手入れなど)のため店舗を訪れる度に、新しいかつらや関連商品等を強引に勧められるという相談が寄せられています。  

 自分に必要なものか検討し、その場で契約しないようにしましょう。断りにくい状況でも、不要な場合はきっぱりと断る勇気が大切です。  

 誰にも相談できないまま契約を重ね、問題が深刻化する例もあります。家族や周囲の人は、本人の様子が普段と変わらないか、家の中に見慣れない商品や不審な契約書がないかなど、日ごろから気を配りましょう。  

〇困ったときは、鹿嶋市消費生活センター、または消費者ホットライン188へご相談ください。


リンク