ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 国勢調査を装った不審な電話に注意!

国勢調査を装った不審な電話に注意!


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0017379 更新日:2020年9月15日更新

国勢調査を装った不審な電話に注意!

内容

事例1

数日前、「国勢調査」と言って電話があり、銀行のことについて「いくつ口座があるか」「預金は1千万円以上あるか」と聞かれた。「口座は二つあり、預金は1千万円以下だ」と答えた後、不審に思い電話を切った。(80歳代 女性)

事例2

国勢調査だと言って個人情報を聞かれたことがある。答えなかったが、答えたほうがよかったのだろうか。(70歳代 女性)

ひとこと助言

  • 国勢調査では、調査員が電話で直接、個人情報や預金額等を聞くことはありません。
  • 公的機関等をかたり、家族構成や資産状況等を聞き出そうとするいわゆる「アポ電」の可能性もあります。このような電話は、すぐに切ってください。
  • 着信番号通知や留守電の録音機能を活用し、誰からの電話か分かったうえで電話に出るなどし、トラブルを防ぎましょう。

   ・国勢調査に関する不審な電話があったときは、お住まいの市区町村の国勢調査担当や、鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットライン(188)等にご相談ください。

リンク 見守り新鮮情報(国民生活センター)

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen372.html<外部リンク>