ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 災害に便乗した悪質な修理業者に注意

災害に便乗した悪質な修理業者に注意


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0016895 更新日:2020年8月24日更新

災害に便乗した悪質な修理業者に注意

内容

訪問したリフォーム業者に「台風で屋根瓦が浮いている」と言われ、屋根を見てもらったところ、写真を見せられ屋根の修理を勧められた。「火災保険が下りれば実費負担なく工事ができる。保険の申請は無料で代行する」と言われ、申込書にサインした。その後、知り合いの業者に写真を見せたら修理の必要はないと言われた。申込書には「保険適用前にキャンセルすると10万円かかる」と書かれている。契約をやめたい。(80歳代 男性)

ひとこと助言

  • 災害に便乗して、不必要な住宅修理を契約させられたという相談が寄せられています。
  • 「火災保険が使えるので負担はない」「無料で保険の申請代行をする」などと勧誘されても、すぐに契約しないようにしましょう。
  • 災害により被害を受けたら、慌てずに複数の業者から工事の見積もりを取り検討しましょう。
  • また、保険の適用対象となるか、申請はどのようにするかを自身が加入している保険会社に確認しましょう。
  • 家族や周りの人は、高齢者や障がい者の家に不審な訪問者が来ていないか、気を配りましょう。

    不安を感じたら、鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットライン188にご相談ください。

リンク 見守り新鮮情報(国民生活センター)

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen371.html<外部リンク>