ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > まだまだ多い 物干しざおの移動販売トラブル

まだまだ多い 物干しざおの移動販売トラブル


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0016565 更新日:2020年8月5日更新

まだまだ多い 物干しざおの移動販売トラブル

内容

物干しざおが古くなったので、車で近所を回っていたさおだけ屋を呼び止めた。値段を聞くと「ニーキュッパ」だというので、2,980円だと思い2本注文した。業者が長さを測って切った後、59,000円を請求してきた。1本29,800円だった。切ってしまった後なので断れないと思い、仕方なく支払った。(60歳代 女性)

ひとこと助言

  • 物干しざおの移動販売に関する相談が依然として寄せられています。販売価格を明確に伝えられないまま、作業後に高額な請求をされるケースが多くみられます。購入前に「1本〇〇円」と明確な販売価格を確認しましょう。
  • 領収書が渡されない、連絡がつかない等、返金交渉が困難なケースもみられます。納得できない場合はその場でお金を支払わないようにしましょう。
  • 無理やり支払いを求められた場合は、周囲の人や警察に助けを求めましょう。車のナンバーを記録しておくのもよいでしょう。

 

  • 契約の取り消しが可能な場合もあります。困ったときは、鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットライン188ににご相談ください。

リンク 見守り新鮮情報(国民生活センター)

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen369.html<外部リンク>